• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

皆様は普段「YouTube」をご覧になりますか?

世界最大規模の動画共有サイトであり、古今東西プロアマ問わず、なんと1分間に約100時間分の動画が投稿され、毎月60億時間以上視聴されます。もちろんクオリティはピンからキリまで様々な動画が存在します。

本日は【特別編】と題しまして、YouTubeで私が独断と偏見で映画選んだ心揺さぶる映像作品を紹介していきます。

 

1.神様視点の文明づくり『God』

以前紹介した『チャッピー』や『エリジウム』のニール・ブロムカンプ監督の設立した映画制作スタジオ「オーツ」の映像作品です。わがままで冷酷な神様とそれに振り回される執事の少しダークなやり取りを中心としたブラックコメディです。映画制作スタジオが制作しただけあり、お金と時間がかかった気合の入った映像が素晴らしいです。『God: Serengeti』と『God:City』の二作品があります。

 

 

 

2.”ヤバイ”大統領『BAD PRESIDENT』

こちらも「オーツスタジオ」の超短編作品。トランプ大統領がアメリカ大統領に就任した数か月後に投稿された動画。内容はタイトルの通りです(笑)まさにブラックユーモア…。

このほかにも「オーツスタジオ」は様々な素晴らしい作品を公開していますので是非チェックしてみて下さい。

 

 

3.ゲームのオープニングにしてはかっこよすぎじゃない?『グランツーリスモ6 オープニングムービー』

『グランツーリスモ』シリーズは1997年の第1作目の発売以降、世界中で根強く愛され続ける日本のドライビングシミュレーションゲームです。こちらの動画はシリーズ第6作目(※スピンオフタイトルを除く。)『グランツーリスモ6』のゲーム開始直後に流れるオープニングムービーです。

とにかくかっこいいの一言に尽きます。前半はラフマニノフ作曲の「パガニーニの主題によるピアノ狂詩曲 第18変奏」をバックに車に携わる様々な人々の働く姿が美しい映像とともに流れます。後半はゲームオリジナルのロック調の曲に切り替わり、スタイリッシュに編集されたゲーム内映像が流れます。

ゲームこそシリーズの中ではあまり好評ではないものの、オープニングムービーはシーリーズ最高峰のかっこよさです。車に全く興味のない方でも見とれてしまうこと間違いなし!

 

 

4.親の愛が見せる切なすぎる結末。『CARGO』

最後は2013年にオーストラリアで公開されたショートフィルム『CARGO』です。ゾンビ映画ですが流血表現控えめなのでスプラッターモノが苦手な方でも楽しめます。ゾンビに感染してしまった父親が、愛する幼い娘を助けるために何をするのかというテーマの約7分間の映像作品。今までのゾンビ映画には描けなかった感動の物語です。

なんとこちらの作品、あまりの人気によりNetfilixで長編映画化されました。

 

 

いかがでしたか?YouTubeのすごいところはこれらの素晴らしい作品がすべて無料で見れてしまうことですよね。これら以外にもたくさんの素晴らしい動画が存在することだと思います。なんてったって1分間に100時間以上もの動画が公開されているわけですから…。

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。