• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

今回は、「夏休み 納涼 リクエスト特集」ではなく、毎週水曜日にお届けしている🎶今週の洋楽🎶 定例のピックアップです。少し、落差が大きいですが、こちらもよろしく。

またまた、訃報が届きました。「ボサノバの父」「ボサノヴァの神」と呼ばれたブラジルの歌手でギタリストのジョアン・ジルベルト氏が、2019年7月6日リオデジャネイロの自宅でお亡くなりになりました。数年前から体調を崩していたということですが、88歳だったということです。いやあ、またひとりレジェンドがいなくなったということで、さみしいかぎりです。ということで、今回も追悼です。

1950年代後半、リオ・デ・ジャネイロでジョアン・ジルベルト João Gilberto が作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンらとともに生み出した音楽は、ポルトガル語で「新しい傾向」を意味する「ボサノバ Bossa Nova」と呼ばれました。いろいろなジャンルの音楽がありますが、その音楽が誕生した日がわかっているジャンルは、あまりないと思います。

1958年7月10日、アントニオ・カルロス・ジョビン作曲、ヴィニシウス・ジ・モラエス作詞、ジョアン・ジルベルト歌・ギターによる“Chega de Saudade”(シェーガ・ジ・サウダージ、邦題:想いあふれて)を録音しました。これがボサノヴァの誕生日といわれています。

で、このボサノバという音楽を世界に知らしめたヒット曲が「イパネマの娘」1962年 ですね。ポルトガル語で Garota de Ipanema、英語では The Girl from Ipanema です。ボサノヴァのちょー超 有名曲。

The Girl from Ipanema 1962

Tall and tan and young and lovely
The girl from Ipanema goes walkin’
And when she passes, each one she passes goes, ah
When she walks, she’s like a samba
That swings so cool and sways so gentle
That when she passes, each one she passes goes, ah
Ohh, but I watch her so sadly
How can I tell her I love her?
Yes I would give his heart gladly
But each day, when she walks to the sea
She looks straight ahead, not at him
Tall and tan and young and lovely
The girl from Ipanema goes walkin’
And when she passes, I smile but she doesn’t see
Ohh, but I see her so sadly
How can I tell her I love her?
Yes I would give his heart gladly
But each day, when she walks to the sea
She looks straight ahead, not at him
Tall and tan and young and lovely
The girl from Ipanema goes walkin’
And when she passes, I smile but she doesn’t see
She just doesn’t see, no she doesn’t see
But she doesn’t see, she doesn’t see
No, she doesn’t see

Source: Musixmatch
ソングライター: N. Gimbel / V. de Moreas / A.C. JOBIM
イパネマの娘 歌詞 © S.I.A.E. Direzione Generale, New Thunder Music Co., Essex Music International Inc., Words West LLC, S D R M, Sociedad General De Autores De Espana S G A E, WB MUSIC CORP, COPYRIGHT CONTROL (NON-HFA), SONY/ATV TUNES LLC DBA ATV OBO ATV (NORTHERN SONGS CATALOG), SONGS OF UNIVERSAL, INC., IMAGEM SOUNDS OBO MARS MOUNTAIN MUSIC, DOWNTOWN MUSIC PUB LLC OBO SIXX GUNNER MUSIC

1960年代の世界的なボサノバ旋風がきっかけとなったのが、サックス奏者、スタン・ゲッツ Stan Getz との共作アルバム「ゲッツ/ジルベルト Getz / Gilberto 」。このアルバムに収められた「イパネマの娘 The Girl from Ipanema 」が大ヒット。グラミー賞(1964年)の複数部門で最優秀賞を受賞しました。

 

『ゲッツ/ジルベルト』  Wikipedia より

世界的にもっとも有名な「イパネマの娘」は、ヴァーヴ・レコードから発売されたアルバム『ゲッツ/ジルベルト』に収録されたバージョンである。1963年3月、スタン・ゲッツ(テナー・サックス)、ジョアン・ジルベルト(ギター、ポルトガル語のボーカル)、アントニオ・カルロス・ジョビン(ピアノ)、アストラッド・ジルベルト(英語のボーカル)の4人はニューヨークのA&Rレコーディング・スタジオでこの作品を録音した。
通説ではアストラッドは当初歌う予定はなく、夫のジョアンにつきあってスタジオに来て、たまたま歌ってみたところ、あまりにできが良かったのでそのままレコーディングされたとの伝説がある。実際にはアストラッドはブラジルで若干の歌手活動の経験もあり、全くの素人ではなかった。アストラッド自身による売り込みがあり、コマーシャリズム面からの手腕に長けたプロデューサーのクリード・テイラーが、英語を話せ、かつ歌えるアストラッドの商業的価値を計算し、宣伝効果を狙って「飛び入り参加のハプニングであった」とする筋書きを描いたと言われている(ジョアン・ジルベルトは英語を話せなかった)。
『ゲッツ/ジルベルト』は録音から1年後の1964年3月に発表された。同年5月、ジョアンのポルトガル語歌唱部分を(シングル版に収まらないという理由で)切り捨てて、残りを切り継ぐ形でシングル・カットされた。B面はゲッツの1964年のアルバム『Reflections』に収録された「風に吹かれて」であった。英語版「イパネマの娘」はビルボード Hot 100で5位、イージーリスニング・チャートで1位を記録するヒットとなり、グラミー賞最優秀レコード賞を受賞した。

 

イパネマの娘  The Girl From Ipanema – Astrud Gilberto シングル・カットされた英語のみのバージョン。

映像は1964年に公開されたアメリカ映画「クレイジー・ジャンボリー / Get Yourself a College Girl」から。アストラッド・ジルベルトは本人役で出演した。

こちらは、ポルトガル語と英語で歌っています。つまり、アルバム・バージョンになります。ジョアンの声が入っています。

 

The Girl From Ipanema (original version from 1962)

[Verse 1: João Gilberto] Olha que coisa mais linda, mais cheia de graça É ela a menina que vem e que passa Num doce balanço a caminho do mar Moça do corpo dourado do sol de Ipanema O seu balançado é mais que um poema É a coisa mais linda que eu já vi passar

[Refrão: João Gilberto] Ah, por que estou tão sozinho? Ah, por que tudo é tão triste? Ah, a beleza que existe A beleza que não é só minha Que também passa sozinha

[Verse 2: João Gilberto] Ah, se ela soubesse Que quando ela passa O mundo sorrindo se enche de graça E fica mais lindo por causa do amor

[Verse 1: Astrud Gilberto] Tall and tan and young and lovely The girl from Ipanema goes walking And when she passes, each one she passes goes “ah!” When she walks she’s like a samba that Swings so cool and sways so gently That when she passes, each one she passes goes “ah!”

[Chorus: Astrud Gilberto] Oh, but he watches her so sadly How can he tell her he loves her? Yes, he would give his heart gladly But each day when she walks to the sea She looks straight ahead not at him

[Verse 2: Astrud Gilberto] Tall and tan and young and lovely The girl from Ipanema goes walking And when she passes he smiles But she doesn’t see

[Instrumental]

[Chorus: Astrud Gilberto] Oh, but he sees her so sadly How can he tell her he loves her? Yes, he would give his heart gladly But each day when she walks to the sea She looks straight ahead not at him

[Verse 2: Astrud Gilberto] Tall and tan and young and lovely The girl from Ipanema goes walking And when she passes he smiles But she doesn’t see

[Outro] She just doesn’t see No, she doesn’t see But she doesn’t see She doesn’t see No, she doesn’t see

Stan Getz;Astrud Gilberto;Gary Burton;Gene Cherico;Joe Hunt
作詞 / 作曲 Norman Gimbel, de Moraes, Antônio Carlos Jobim

 

私は、ボサノバ BossNova ってカフェで聞くぐらいであまり知らないけど、ゆったりと聞いてみたいと思う方には、こちらのコンピレーション・アルバムをおすすめします。数あるボッサ・コンピの中でも超有名曲をオリジナルで聞かせてくれます。

@ Jazz Cafe Bossa Edition

 

 

それでは、また。#52

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。