• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

今日のピックアップは、アン・サリー Ann Sally のアレルヤ Allelujah です。

先日、仲間のメーリングリストで送られてきたメールを読んでいると、アン・サリーという言葉が目にはいりました。昨日、アン・サリーのライブに行ってきたという近況報告でした。思わず、リプライしました。アン・サリー私も大好きなんですと。まさか、こんな身近に同好の士がいたとは。10年以上の知り合いなのに、今まで気がつかなかったんですね。まさに、アレルヤです。

私の好きな Ann Sally のアルバムは 「Moon Dance」。「Day Dream」と同時発売されました 。アレルヤ Allelujah の Live バージョン(アルバム「Hallelujah」に収録)もありますが、私は包み込むような低音の聞こえる「Moon Dance」バージョンの方が好きです。

アルバム 「Moon Dance」 Ann Sally

Allelujah Ann Sally

アン・サリーは、在日韓国人三世のシンガーソングライター、そしてなんと現役の内科医。すごい方です。

彼女のホームページの自己紹介。

幼少時からピアノを習い音楽に親しむ。大学時代よりバンドで本格的に歌い始め、卒業後も医師として働きながらライヴを重ねる。 2001年「Voyage」 でアルバムデビュー。2003年「Day Dream」「Moon Dance」では、洋の東西を問わぬ新旧の名曲をオリジナルに昇華した歌唱が好評を博しロングセラーに。2002年から3年間ニューオリンズに医学研究のため暮らし、地元の音楽家と現地でプライベートに収録した音源を、帰国後アルバム「Brand-New Orleans」として発表し話題を呼んだ。帰国後は医師としての勤務の傍ら日本全国でライヴ活動を行い、2児の母となった2007年には「こころうた」を、2008年11月には、書き下ろしオリジナル曲「時間旅行」(マキシCD)を発表。時代やジャンルの枠を超えた、柔らかくも情感あふれる歌唱と、そのナチュラルなライフスタイルは幅広く支持されている。

最近、その活動や歌をあまり耳にしていなかったので、どうしたのかなと思っていたところでした。医師・母親・シンガーって大変なんだろうな。頑張ってほしいです。

知り合いの評によると、「透明感のある歌声とオリジナルに劣らず、取り上げるカバー曲のセンスも素晴らしい。疲れたオジサンにちょうどいい癒やし。」だとか。

例えば、なつかしい日本語の歌も彼女の歌声にかかると、こんな世界になります。

蘇州夜曲/アン・サリー

こちらも、Youtube に Up されていました。洋楽もいいんですが、日本語の歌もいいですよね。

アン・サリー – 僕らが旅に出る理由 @ 頂 -ITADAKI- 2017

 

さてさて、この曲「アレルヤ Allelujah 」のオリジナルは、 フェアーグラウンド・アトラクション Fairground Attraction というイギリスのバンドによるもの。デビュー曲が大ヒットしながら1枚のオリジナルアルバムだけで解散してしまった「まぼろしのバンド」です。

1988年3月発表のデビュー・シングル「パーフェクト」が、全英1位の大ヒット。
同年5月発表のデビュー・アルバム『ファースト・キッス』が、全英1位の大ヒット。
1989年6月から7月にかけて、最初で最後の日本公演を行う。多くの新曲も披露される。
セカンド・アルバムを生み出すことなく、1990年に解散を発表。
1990年、シングルB面曲や未発表曲も含んだ編集盤『ラスト・キッス』発表。サム・クック、エルヴィス・プレスリー、ビートルズのカヴァーも聴ける。
2003年、1989年7月2日の川崎公演を収録した『ライヴ・イン・ジャパン』発表。

ただし、ボーカルのエディ・リーダーはその後ソロ歌手として活動、いくつかアルバムを発表し、現在でも活動を続けています。

 

Allelujah Fairground Attraction 1988

The lights on the westway go on
A million cars hurry home
An ice cream van shuts off its tinsel bells
Winter won’t be long
I see you every day
I watch as you walk down this way
We pass on the stairs of this council block
Too shy to find words to say
But your smile is a prayer that prays for love
And your heart is a kite that longs to fly
Hallelujah here I am
Let’s cut the strings tonight

So meet me on the corner at eight
Let’s get out of this place
We’ll kiss the first of a million kisses
And let the past fall away
For your smile is a prayer that prays for love
And your heart is a kite that longs to fly
Hallelujah here I am
Let’s cut the strings tonight

Yes your smile is a prayer that prays for love
And your heart is a kite that longs to fly
Hallelujah here I am
Let’s cut the strings tonight

Yes your smile is a prayer that prays for love
And your heart is a kite that longs to fly
Hallelujah here I am
We’ll cut the strings tonight
And we’ll kiss the first of a million kisses
La-la-la-la-la-la

提供元: LyricFind
ソングライター: Mark Edward Cascian Nevin
Allelujah 歌詞 © Universal Music Publishing Group

 

ウエストウェイに続くライトの列 百万の車が家路を急いでいる
アイスクリーム売りの車も金ピカのベルをしまって 冬までは もうすぐ
私は毎日あなたと会って この通りを歩くあなたをじっと見ている
議会の階段ですれ違っても 恥ずかしくて 言葉を交わせない
けれど あなたの笑顔は 愛を求める祈りの言葉 あなたの心は 空に憧れる凧
ハレルヤ 今夜ふたりで 糸を切って 舞い上がるの
そう8時に 角のところで待ち合わせて ここから抜け出すわ
私たちは 今から続く百万回ものキスの 最初のキスをするの
そして 過去のことは 忘れてしまいましょう

 

冬が近づく街の情景とお互いを求める若い二人の心理が重なったすてきな歌詞です。
好きな人とつながりあえた喜びにあふれた瞬間。思わず口に出た言葉が「ハレルヤ!」(Halleluja)なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

アルバムタイトルの The First Kiss of a Million Kisses はこの曲の中のフレーズから来ています。これから始まる百万回ものあなたとのキス、これがその最初のキス。めっちゃ、グッときますね、この歌詞。

ちなみに、曲のタイトルはアレルヤ Allelujahですが、歌詞の中ではハレルヤ Hallelujah ですね。英語の ハレルヤ Hallelujah の意味については、以前書きました(#13 人々の様々なハレルヤ k.d.lang Hallelujah K.D.ラング )が、アレルヤ Allelujah とうのも同じ言葉です。ラテン語系の言語(フランス語・イタリア語)でhを発音しないことがあります。それなら書かないでおこう、ということで、”Alleluia”とも言うようです。カソリックでは、Allelujah みたいですが、メロディーのなかでは Hallelujah の方が歌いやすかったんでしょうか。

こちらが、オリジナル Fairground Attraction の Allelujah

 

そして、こちらも紹介しておきましょう。Fairground Attraction の 大ヒット曲 パーフェクト Perfect 。きっと耳にしたことがあると思います。

Fairground Attraction – Perfect

 

Perfect Fairground Attraction 1988

I don’t want half-hearted love affairs
I need someone who really cares
Life is too short to play silly games
I’ve promised myself I won’t do that again
It’s got to be perfect, it’s got to be worth it, yeah
Too many people take second best
Well, I won’t take anything less
It’s got to be, yeah, perfect
Young hearts are foolish, they make such mistakes
They’re much too eager to give their love away
Well, I have been foolish too many times
Now I’m determined, I’m gonna get it right
It’s got to be perfect, it’s got to be worth it, yeah
Too many people take second best
But I won’t take anything less
It’s got to be, yeah, perfect
Young hearts are foolish, they make such mistakes
They’re much too eager to give their love away
Well, I have been foolish too many times
Now I’m determined, I’m gonna get it right
It’s got to be perfect, it’s got to be worth it, yeah
Too many people take second best
But I won’t take anything less
It’s got to be, yeah, perfect
It’s got to be, yeah, worth it
It’s got to be perfect

提供元: LyricFind
ソングライター: Mark Edward Cascian Nevin
Perfect 歌詞 © Universal Music Publishing Group, BMG Rights Management

こちらも、ピコピコミュージック全盛の頃に大ヒットした、メインストリームのポップミュージック。演奏・ボーカルもいいですが、こちらの歌詞も若々しさがあっていいです。”halfhearted”「半端な、気乗りのしない」恋も、”take second best”「いちばんじゃ無い、手抜き」の恋もイヤ。人生は短いんだから、こんどこそ大切な人と”Perfect”な恋をしよう!

フェアグランド・アトラクション Fairground Attraction って、バンドの名前が彼らの音楽を表している気がします。 Fairgroundは、映画などに出てくる空き地を利用した「移動式遊園地」のアトラクション「出し物」。それっぽい感じがしませんか。

 

それでは、また。#56

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。