• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

    本日ご紹介するのは現在絶賛公開中、ダニー・ボイル監督の映画『イエスタデイ』です。

     

     

    イギリスの海辺の町に暮らすシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)に支えられてきたが全く売れず、夢を諦めようとしていた。ある日ジャックは、停電が原因で交通事故に遭遇。昏睡(こんすい)状態から目覚めると、この世には「ザ・ビートルズ」がいないことになっていた。

    『トレインスポッティング』や『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイルが監督を務めるコメディ作品。ビートルズがこの世になかったらというロック史上最大の”もしも”を映像化。グラミー賞受賞ミュージシャンのエド・シーランも本人役として出演している。

     

    ロックの歴史を数多く創り出したバンドとしてこの世に知らぬ者はいないといっても過言ではない「ザ・ビートルズ」。そんな偉大なロックバンドが存在しない世界で、ただ一人、彼らの音楽を知るミュージシャンになってしまったジャック。ミュージシャンとして最強の武器ともいえる特権をゲットしてしまった彼をコメディタッチに描く作品です。

    劇中で演奏される「Help!」や「Let It Be」など数多くの名曲たちをすべて主人公のジャックを演じるヒメシュ・パテルがカバー。現代風の優しい歌声でありながら原曲の雰囲気を極力作り替えすぎない素晴らしいカバー曲で最高に盛り上がること間違いなしです。

    90年代のブリットポップのムーブメントを創り出した「オアシス」(※オアシスの音楽はビートルズから非常に強い影響を受けている。)が「ビートルズ」の消滅とともに存在しなくなっているなどUKロックファンをうならせる小ネタの数々も必見です。

    駆け足でスターダムを上るジャックと幼馴染として彼を支えるエリーの間で揺れ動く歯がゆい恋模様にも注目です。

    現代で「ビートルズ」のムーブメントを肌で感じられ、ついでに心も温まる素晴らしい作品です。ビートルズが大好きな方にもそうでない方にも非常におススメの作品です。是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

     

     

     

     

     



    コメント一覧

    返信2019年10月12日 11:28 PM
    アバター

    candynaokogmailcom26/

    いいですね😃 ぜひぜひ❗️みたいです❗️ エドシーランが彼自身の役で出てるのも、面白い。 リリー・ジェームズも、好きな女優さんです。シンデレラ実写版から、ベイビードライバー、マンマミーアなどなどいい役をもらってますよね。 それから、この監督さんの私の好きな映画は、「スラムドッグ$ミリオネア」でした❗️ 今日もいい記事をありがとう😃💕🌟💕🌟

    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。