• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日は短編作品『カメラを止めな!リモート大作戦!』をご紹介します。

 

 

先日YouTubeで公開されたばかりの短編映画です。2017年に公開され低予算ながらもそのアイデアと脚本の素晴らしさに日本中で大ヒットした映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督の最新作です。

コロナ禍でキャストやスタッフが会うことができない中、完全リモートで撮影された作品です。企画着想からわずか1か月という短期間で制作されエキストラとしてSNS上で300人以上の映像を募ったことでも話題となりました。

リモートであることを巧みに利用したストーリーと前作『カメラを止めるな!』の後日談的展開も見どころです。

 

 

この作品の最後で上田監督が語っていた「ミニシアター・エイド基金」は外出自粛により閉館の危機にある日本中の小規模映画観(ミニシアター)を救うために設立されたものです。約3万人が参加し目標金額の1億円を大きく超える3億円以上もの金額が集まりました。

このほかにも「Help!The 映画配給会社プロジェクト」や「仮設の映画観」などオンデマンドによる映画の配信をするプロジェクトなども立ち上げられています。

社会が大きな混乱に直面した時、文化芸術は見放されてしまいがちです。ですが、この外出自粛期間中多くの人がアニメ、ドラマ、映画など文化芸術の恩恵を享受することで、家の中でも楽しい時間を過ごすことができたと思います。

ぜひこれらの活動を知ってそれを広め、参加していくことで今苦境に立たされる映画業界をみなさんの力で救いませんか?

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。