• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回は、ビートルズがカヴァーした「チェインズ Chains」をピックアップ。

ファースト・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』の4曲目に収録。リード・ヴォーカルに注目すると、1曲目ポール、2曲目ジョンとポール、3曲目がジョン、4曲目がジョージと、メンバー紹介をしているようです。ジョージの初々しい声に、ポール・ジョン・ジョージのコーラス。加えてイントロのハーモニカのアレンジで、ビートルズっぽさがでていますね。

 

Chains  The Beatles  1963

Chains
My baby’s got me locked up in chains
And they ain’t the kind
That you can see
Whoa, these chains of love
Got a hold on me, yeah
Chains
Well, I can’t break away from these chains
Can’t run around
‘Cause I’m not free
Whoa, these chains of love won’t let me be, yeah
I want to tell you, pretty baby
I think you’re fine
I’d like to love you
But Darling, I’m imprisoned by these
Chains
My baby’s got me locked up in chains
And they ain’t the kind
That you can see
Whoa, it’s chains of love got a hold on me, yeah
Please believe me when I tell you
Your lips are sweet
I’d like to kiss them
But I can’t break away from all of these
Chains
My baby’s got me locked up in chains
And they ain’t the kind
That you can see
Whoa, these chains of love got a hold on me, yeah
Chains
Chains of love
Chains of love
Chains of love
提供元: LyricFind
ソングライター: Gerry Goffin / Carole King
Chains (Remastered 2009) 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC, BMG Rights Management

ぶろっこり訳です。

鎖だ
あの娘は僕を鎖で縛りつけてる
それは目に見えないんだ
愛の鎖で 僕をしばりつける

束縛さ
この鎖は断ち切れない
自由はうばわれ 逃げられない
愛の鎖が 僕を放さない

可愛い君 素敵だと言いたいよ
君を 愛したいんだ
ダーリン 僕は鎖につながれた囚人だ

どうか僕の言うことを信じて
君の唇は可愛いくて キスしたくなる
だから この鎖は切れないんだ

タイトルの chain は「鎖」や「一続きのもの」ですが、複数形の chains で「束縛・拘束」。動詞では「鎖でつなぐ、拘束する」という意味になるんですね。ビートルズの歌詞でもよく使われる ain’t は am not ( is not, are not, has not, have not )、 wanna は want to 、I’d like to は I would like to do の短縮形です。ぶろっこりは、こんな表現も英語の教科書ではなく、洋楽の歌詞から覚えました。

さて、オリジナルの方も聞いてみましょう。

「チェインズ Chains」は、ニューヨークのR&B・ガールズ・グループのクッキーズ The Cookies が1962年に発表したナンバー。ビルボード・Hot 100で17位、R&Bチャートで7位を記録しています。クッキーズ The Cookies は、レイ・チャールズ、ニール・セダカ、リトル・エヴァ、コニー・フランシスなどのバックコーラスも多いグループで、いろいろな名前で歌っているようです。


曲は、ソングライター・チームのジェリー・ゴフィンとキャロル・キング Goffin & King の作品です。そうです。私たち ぶろっこり世代の方には、傑作アルバム「つづれおり Tapestry 」で知られるシンガーソングライターのキャロル・キングと当時の夫ジェリー・ゴフィンのコンビによるもの。実はキャロル・キング Carole King 、ソング・ライターとして活躍した時代が長いんですね。このあたりのことは、ラジオ番組「大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝」などで勉強しました。キャロル・キングのライター時代については、長くなるので、別の回で書きたいと思います。

そして、キャロル・キング自身ものちにセルフ・カヴァーしています。
アルバム『Pearls: Songs of Goffin and King』(1980)

Carole King – One to One 若い頃の歌声です。

こちらは、ノリノリです。盛り上がる曲だと思いませんか。

ジョンとポールも、ソングライターとしてゴフィン&キングを目標にしていたと発言しています。
そういう意味でも、この曲をカヴァーしたのかもしれません。

今聞いているポップスも、昔のいろいろなアーティストのおかげで生まれてきているんですよね。もっともっと、Dig 掘りたくなってきました。たのしい。

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#129

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。