• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回取り上げるのは、年配の方はご存じの大御所ビリー・ジョエル Billy Joel 。もしかしたら、若い方は「?」ということもありますね。そんなあなたにぜひ聴いていただきたい曲をピックアップしてお届けします。

一応、ビリー・ジョエルの WiKi を紹介すると

ビリー・ジョエル Billy Joel               出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィリアム・マーティン・ジョエル(英語: William Martin Joel、1949å¹´5月9日 – )は、アメリカのニューヨーク州サウス・ブロンクス出身のシンガーソングライター、歌手、ピアニスト、作曲家。ポップなメロディと、都会的なアダルト・コンテンポラリー・サウンドで、1970年代後半から1990年代前半にかけてヒットを連発した。全世界で1億5000万枚以上のレコード・セールスを記録している。代表曲に、「ピアノ・マン」、「素顔のままで」、「アップタウン・ガール」、「ストレンジャー」、「オネスティ」などがある。

同年代の方には、あまりにメジャーなアーティストでありヒット曲も多いので、在り来たりすぎて現在では語られることが少ないのかもしれません。また、カルトなお若い方には、ポップ・ミュージックのメインストリームということで、手が出にくいことも考えられますね。でも、ちゃんと聴いてみると、長年トップ・スターとして活躍してきたことが納得できるミュージシャンだと思いますよ。

前置き長すぎですが、ビリー・ジョエル 私 ぶろっこりのおすすめは、大ヒットして彼をスターダムに押し上げた「ニューヨーク52番街 52nd Street」以前の作品。エルトン・ジョンと並んで「ザ・ピアノマン」と言うべき美しいピアノの旋律と歌声が発揮された作品たちです。長い不遇の時代の作品と言ってもいいのかもしれません。

1971年: コールド・スプリング・ハーバー〜ピアノの詩人 – Cold Spring Harbor
1973年: ピアノ・マン – Piano Man
1974年: ストリートライフ・セレナーデ – Streetlife Serenade
1976年: ニューヨーク物語 – Turnstiles
1977年: ストレンジャー – The Stranger
1978年: ニューヨーク52番街 – 52nd Street

今回とりあげるのは、彼の最初のスマッシュ・ヒット、「ピアノマンPiano Man」と名曲の誉れ高い「ニューヨークの想い York State Of Mind」。いかがでしょうか。あまりに直球過ぎますか。

「ピアノマン Piano Man」

ビリーのコンサートでは、コーラスの部分をオーディエンスが歌うのがお約束で、コンサートの最後を「ピアノ・マン」で締めることが多いほどの人気曲です。

 

Piano Man Billy Joel 1974
It’s nine o’clock on a saturday
Regular crowd shuffles in
There’s an old man sittin’ next to me
Makin’ love to his tonic and gin
He says: “Son can you play me a memory?”
I’m not really sure how it goes
But it’s sad and it’s sweet and I knew it complete
When I wore a younger man’s clothes
La-la-la de-de daLa-la de-de da da-da
Sing us a song you’re the piano man
Sing us a song tonight
Well we’re all in the mood for a melody
And you’ve got us feelin’ alright
Now John at the bar is a friend of mine
He gets me my drinks for free
And he’s quick with a joke or to light up your smoke
But there’s someplace that he’d rather be
He says Bill I believe this is killing me
As a smile ran away from his face
Well I’m sure that I could be a movie star
If I could get out of this place
Oh, la-la-la de-de daLa-la de-de da da-da
Now Paul is a real estate novelist
Who never had time for a wife
And he’s talkin’ with Davy who’s still in the navy
And probably will be for life
And the waitress is practicing politics
As the businessmen slowly get stoned
Yes they’re sharing a drink they call loneliness
But it’s better than drinkin’ alone
Sing us the song you’re the piano man
Sing us a song tonight
Well we’re all in the mood for a melody
And you’ve got us feelin’ alright
It’s a pretty good crowd for a saturday
And the manager gives me a smile
‘Cause he knows that it’s me they’ve been comin’ to see
To forget about life for a while
And the piano it sounds like a carnival
And the microphone smells like a beer
And they sit at the bar and put bread in my jar
And say man what are you doin’ here?
Oh, la-la-la de-de daLa-la de-de da da-da
Sing us the song you’re the piano man
Sing us a song tonight
Well we’re all in the mood for a melody
And you’ve got us feelin’ alright
提供元: Musixmatch
ソングライター: Billy Joel
ピアノ・マン 歌詞 © Joelsongs

ロサンゼルスのピアノラウンジで歌っていたビリーの経験を元にしていて、歌詞中の登場人物は全て実在の人物だと本人も話しています。ジャズ風のピアノソロから始まって、ピアノとハーモニカの有名なイントロへ。そして、サビの「ピアノ弾きよ歌ってくれ。今夜、俺たちのために。メロディーに浸りたい。今夜はそんな気分なんだ。」は、バーの客が声をそろえてコーラスする様をそのまま歌にしています。とても、しゃれていますよね。

人気絶頂期の1977年に撮影されたプロモーションビデオ。典型的なアメリカのバーで演奏するピアノ弾きをビリー本人が演じています。

1985年にリメイクされたビデオ。

 

さて、二本立ての次の曲は、「ニューヨークの想い New York State Of Mind」。こちらも沢山のアーティストにカヴァーされているビリーの代表曲。ビリーがミュージシャンとして主に活動していたロサンゼルスから、生まれ故郷であるニューヨークに戻るときの想いを綴った曲。人気があるのもわかります。

New York State Of Mind Billy Joel 1976

Some folks like to get away
Take a holiday from the neighbourhood
Hop a flight to Miami Beach
Or to Hollywood
But I’m taking a Greyhound
On the Hudson River Line
I’m in a New York state of mind

I’ve seen all the movie stars
In their fancy cars and their limousines
Been high in the Rockies under the evergreens
But I know what I’m needing
And I don’t want to waste more time
I’m in a New York state of mind

It was so easy living day by day
Out of touch with the rhythm and blues
But now I need a little give and take
The New York Times, The Daily News

It comes down to reality
And it’s fine with me ‘cause I’ve let it slide
Don’t care if it’s Chinatown or up on Riverside
I don’t have any reasons
I’ve left them all behind
I’m in a New York state of mind

It was so easy living day by day
Out of touch with the rhythm and blues
But now I need a little give and take
The New York Times, The Daily News

It comes down to reality
And it’s fine with me ‘cause I’ve let it slide
Don’t care if it’s Chinatown or up on Riverside
I don’t have any reasons
I’ve left them all behind
I’m in a New York state of mind

I’m just taking a Greyhound on the Hudson River Line
‘Cause I’m in a New York state of mind

提供元: Musixmatch
ソングライター: Joel William M
ニューヨークの想い 歌詞 © Joelsongs

日本語訳つきのオリジナル・ヴァージョン。映像がマッチしていて美しいです。

年を重ねたビリーの東京公演。しぶいビリー。こちらにも、日本語訳がついています。

この後、「素顔のままで」「ストレンジャー」「オネスティ」「アップタウン・ガール」と、ビリーはスターへの階段を登っていく訳ですが、それはまたの機会に。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#156

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。