• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!
【🍬Candy先生🍬毎日をたのしく生きる、知と学びのブログ】

オススメの洋書をご紹介します。

The little white horse. 「まぼろしの白馬」、

石井桃子さんの翻訳で、日本で刊行されたのは、1964年。

2008年には、映画化もされています。

児童文学の傑作です😊

 

 

映画の画像も、とても綺麗ですね😊

「ムーンプリンセス・秘密の館とまぼろしの白馬」という邦題が付けられています。

 

 

エリザベス・ゲージ原作、

イギリスでの、初版発行が1946年6月という、古典的とも言える作品です。

 

 

ページを開くと、

こんなにたくさんの、

美しい言葉や、表現があるんだと驚くほどの、

作家の筆の魔法を浴びます😊

 

 

プロローグの、

月の光に照らされた、

白い子馬の描写だけでも、

うっとりとします😊

 

両親を亡くした少女が、

不思議な森の親戚の家に引き取られますが、

そこで、

まるでおとぎ話のプリンセスのような、

冒険が待っているのです。

 

 

美しい、木々や花や鳥たちに囲まれ、

不思議な人々、動物たちとのつながりの中で、

少女は、成長していきます。

 

 

やがて、勇敢なプリンセスへと😊

 

 

洋書って、

難しそう❗️

何を読んだらいいかわからない💦

そんな方には、

オススメの一冊です。

 

 

児童文学なので、

少しくらい読み間違えても、

ストーリーには、ついていけますし、

この美しい英語の単語や、表現に浸れるのは、

最高の体験です。

 

 

 

是非是非皆さんも読んでみられて、

感想を教えてください。

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。