• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・大人も学べるオンラインスクール

    夢のカリフォルニア ママス&パパス   California Dreamin’ The Mamas & The Papas
    前回に引き続き 枯葉散る「冬の歌」ですが、何とこれも同じ1966年でしたね。偶然の一致でしょうか。
    曲自体は、説明するまでもない超ーーー有名曲です。ただ、曲名や爽やかなメロディーだけで、夏の曲と勘違いしている人も多いかも。
    歌詞をちゃんと読んでみると、真冬に夏のカリフォルニアに憧れている、夢見ているという内容ですね。
    テーマが冬なだけに、冬の寒さを感じながら聴くと、より一層気分が出てきますよ。
    今から、50年以上前の曲とは思えないほど、みずみずしく色あせないのはなぜなんでしょうか。
    California Dreamin’ The Mamas & The Papas 1966
    All the leaves are brown (all the leaves are brown)
    And the sky is grey (and the sky is grey)
    I’ve been for a walk (I’ve been for a walk)
    On a winter’s day (on a winter’s day)
    I’d be safe and warm (I’d be safe and warm)
    If I was in L.A. (if I was in L.A.)
    California dreamin’ (California dreamin’)
    On such a winter’s day
    Stopped into a church
    I passed along the way
    Well, I got down on my knees (got down on my knees)
    And I pretend to pray (I pretend to pray)
    You know the preacher like the cold (preacher like the cold)
    He knows I’m gonna stay (knows I’m gonna stay)
    California dreamin’ (California dreamin’)
    On such a winter’s day
    All the leaves are brown (all the leaves are brown)
    And the sky is grey (and the sky is grey)
    I’ve been for a walk (I’ve been for a walk)
    On a winter’s day (on a winter’s day)
    If I didn’t tell her (if I didn’t tell her)
    I could leave today (I could leave today)
    California dreamin’ (California dreamin’)
    On such a winter’s day (California dreamin’)
    On such a winter’s day (California dreamin’)
    On such a winter’s day
    ソングライター: John Edmund Andrew Phillips / Michelle Gilliam
    夢のカリフォルニア 歌詞 © Universal Music Publishing Group
    アルバム If You Can Believe Your Eyes & Ears 1966年
    最近の録音はデジタル化されているので、オーバーダビングなどいろいろな加工ができますが、そんなことができない時代に、ここまで綺麗なハーモニーを聴かせてくれるのは、すばらしいですね。もちろん、曲も最高。夢の中に出てきたメロディーがいいので、寝ていた恋人を起こして詞を作ったというエピソードも残っています。
    ところで、カリフォルニアといえば、アルバート・ハモンド Albert Hammond のカリフォルニアの青い空 It Never Rains In Southern California 1972 という曲もありましたね。
    あと、イーグルス The Eagles ホテル・カリフォルニア Hotel California も。(ホテルカリフォルニアは、きっとこのブログで取り上げるでしょう。)
    おっと、忘れちゃいけない。イラストでは、鈴木英人。マンガなら、吉田秋生のカリフォルニア物語。映画なら、ビッグ・ ウェンズデー。きりがないですね。
    カリフォルニアの青い空 It Never Rains In Southern California Albert Hammond 1972
    Got on board a westbound seven forty-seven
    Didn’t think before deciding what to do
    Oh, that talk of opportunities, TV breaks and movies
    Rang true, sure rang true
    Seems it never rains in southern California
    Seems I’ve often heard that kind of talk before
    It never rains in California, but girl, don’t they warn ya?
    It pours, man, it pours
    Out of work, I’m out of my head
    Out of self respect, I’m out of bread
    I’m underloved, I’m underfed, I want to go home
    It never rains in California, but girl, don’t they warn ya?
    It pours, man, it pours
    Will you tell the folks back home I nearly made it?
    Had offers but didn’t know which one to take
    Please don’t tell ‘em how you found me
    Don’t tell ‘em how you found me
    Gimme a break, give me a break
    Seems it never rains in southern California
    Seems I’ve often heard that kind of talk before
    It never rains in California, but girl, don’t they warn ya?
    It pours, man, it pours
    ソングライター: Albert Hammond / Mike Hazlewood
    カリフォルニアの青い空 歌詞 © Universal Music Publishing Group
    (この曲も、タイトルやサビのメロディから脳天気な曲と思っている人が多いですが、実際はカリフォルニアで成功する夢を見て田舎から出てきたのに上手くいかないという若者の厳しい現実を歌ったものですね。)
    これらの曲を聞くと、浮かんでくるシーンと台詞が、私にはあるんです。
    女の子が、男の子に聞きます。
    いつも、サングラスをかけているのはなぜ?
    男の子は、こう答えます。
    カリフォルニアの空が見えるんだ。
    ただ、それだけなんですが、私も、少しの間だけどサングラスをかけていた時期がありました。
    今となっては、そのシーンが小説なのか漫画なのか映画なのかも忘れてしまいましたけどね。
    ご存じの方があれば、教えて下さい。(^▽^)
    それでは、また。#19



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。