• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

ただの洋楽好きのオジサン ぶろっこりがお送りしてます 🎶今週の洋楽🎶。今回は、懐かしの名曲、真夜中のオアシス Midnight At The Oasis マリア・マルダー Maria Muldaur をピックアップしました。

マリア・マルダーは、1973年ソロ・アルバム『オールド・タイム・レイディ Maria Muldaur 』をリリース。ジャズ、フォーク、カントリーといったアメリカのルーツ・ミュージックを絶妙にブレンドさせた音楽は、古き良きアメリカを感じさせながらも独自の世界となっています。シングル「真夜中のオアシス Midnight at the Oasis」は、ビルボード・ポップ・チャート6位の大ヒット。彼女の洗練と泥臭さが同居した艶のあるヴォーカルもさることながら、このアルバムにはドクター・ジョン、ジム・ケルトナー、クラレンス・ホワイト、クリス・エスリッジ、ライ・クーダー、デヴィッド・グリスマン、エイモス・ギャレット、リチャード・グリーン、アンドリュー・ゴールド、ニック・デ・カロ、デヴィッド・ニクターンなど物凄いメンバーが参加しています。特に、ギターのエイモス・ギャレットの個性的で自由奔放なプレイは、彼を一躍有名にしました。どうやってギター弾いているんでしょうか。他にもヘレン・レディの名曲「長くつらい登り道 Long Hard Climb 」、ドリー・パートンの代表曲「マイ・テネシー・マウンテン・ホーム My Tennessee Mountain Home 」、ドクター・ジョンのピアノが冴える「スリー・ダラー・ビル Three Dollar Bill 」など名演揃いのアルバムです。グラミー賞 最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞を獲得しているのもうなづけます。

 

 

Midnight At The Oasis Maria Muldaur 1973
Midnight at the oasis
Send your camel to bed
Shadows painting our faces
Traces of romance in our heads
Heaven’s holding a half-moon
Shining just for us
Let’s slip off to a sand dune, real soon
And kick up a little dust
Come on, Cactus is our friend
He’ll point out the way
Come on, till the evening ends
‘Til the evening ends
You don’t have to answer
There’s no need to speak
I’ll be your belly dancer, prancer
And you can be my sheik
I know your daddy’s a sultan
A nomad known to all
With fifty girls to attend him, they all send him
Jump at his beck and call
But you won’t need no harem, honey
When I’m by your side
And you won’t need no camel, no no
When I take you for a ride
Come on, Cactus is our friend
He’ll point out the way
Come on, till the evening ends
‘Til the evening ends
Midnight at the oasis
Send your camel to bed
Got shadows painting our faces
And traces of romance in our heads
Oh come on, oh come on
Woo hoo hoo, yeah, oh yeah
Oh oh, yeah, yeah
ソングライター: David Nichtern
ミッドナイトアットザオアシス 歌詞 © BMG Rights Management US, LLC, Kobalt Music Publishing Ltd., Universal Music Publishing Group, Sony/ATV Music Publishing LLC

歌詞はちょっとセクシーですが、こんな感じでしょうか。

真夜中のオアシス
あなたのラクダがベッドまで運んで
暗闇がお互いの顔を包み込み
頭の中は,今夜のロマンスのことだけ

私たちのため 半月が輝いている
さあ早く,砂煙を上げて
砂丘へ滑り出そう

はやくきて サボテンがわかってる
私たちに道を示してくれる
さあいらっしゃい 夜が明ける前に

返事はいらない
言葉もいらない
私はあなたの体の上で踊る
拍手を ご主人様

今夜はハーレムはいらないでしょう
私がそばにいるから
ラクダもいらないわ
私があなたを乗りこなすから

 

1974年、セカンド・アルバム『ドーナッツ・ショップのウェイトレス Waitress in a Donut Shop 』をリリース。「アイム・ア・ウーマン I’m A Woman 」は、ビルボードで12位。ファーストと並ぶ、彼女の代表作となります。

 

 

いろいろとカバーがありますが、元気の良いところで。

The Brand New Heavies – Midnight At The Oasis 1994

 

 

それでは、また。#89

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。