• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

最近は、Netflixがすごいことになっています。

さまざまな、日本のドラマやアニメが、5ヶ国語くらいから選べるのです。

日本にいながら、グローバルな言語を学べるというのは素晴らしいです。

 

 

また、日本のアニメーターの新作や、

マンガ大賞を得た、中身の濃い優れたアニメ作品が、

世界中に発信されているのが、

すごすぎて、

嬉しすぎて、

悲鳴をあげています(笑)

 

 

今日は、

Netflix版、「新聞記者」を見始めました。

まだ、エピソード3ですが、

あまりの迫力に圧倒されています。

 

 

映画版も素晴らしかったですが、

 

 

それ以上です❗️

 

 

政治について発言がしにくい日本で、

この映画を作ったこと自体がすごい❗️という、

映画「新聞記者」のリリースでしたが、

 

 

 

Netflixでは、さらに、

「加計学園問題」が、赤裸々に語られています。

監督は、フィクションと言っていますが、

フィクションという形をとって、

より鋭く真実に迫る内容になっています。

 

 

文書偽造がどのような状況で、

どんな思いでせざるを得なかったのか、

その様子が身に迫って、伝わってきます。

 

 

日本がいかに、

同調圧力に支配されているのか、

政治に対して、「上」に対して、何かを言うことが、

いかにむずかしいことなのか、

 

 

柔らかな、

でも締め付けて殺されるような、

自殺の場面は、

独裁国家的な面があることを感じられます。

 

 

また、もう一つ、映画と違うのは、

一般の大学生からの視点が描かれていることです。

 

 

横浜流星くん、扮する、

新聞配達の大学生、

最初は、他の若者たちと同じように、

全く、新聞の内容にも興味がなく、

 

 

「平和ならそれでいいんじゃない。

政治的なことには、興味ないよ。」

というスタンスだったのですが、

だんだんと変わっていく様子も、これからどうなるのか見どころです。

 

 

また、エピソード3までは、

綾野剛扮する、主人公の存在感があまり出てきませんが、

 

 

女性記者を演じる、米倉涼子の気合の入った演技と、

どう絡んでいくのかが、

興味深いです。

 

 

是非是非、みなんさんも、Netflixご覧になって、

感想を教えていただければ幸いです。

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。